アイドルこわい

アイドルこわい

アイドルがこわくてこわくてしょうがありません 私立恵比寿中学 ばってん少女隊 Buono! のブログ

【ライブレポ】SILENT SIREN ツアー 福岡国際会議場 感想 大きいことはいいことだ 2017年10月9日

福岡国際会議場で開催された「5TH ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』」を見てきました

f:id:idolkowai:20171009224334j:plain

 

アイドル以外のライブレポは書かない方針ですけど、ベースの山内あいなロッカジャポニカ 内山あみの姉なので特別に書きます

なので山内あいな以外のメンバーには一切触れません

f:id:idolkowai:20171009224316j:plain

 

先に断っておくと、特別サイサイ好きなわけじゃないです

今のガールズバンドシーンを抑えるためにアルバムが出たら聴くくらいです

あと最近は観れてないけどネット配信の「サイサイてれび!おちゃの娘サイサイ」は視聴していました(調べたら先月終わったのね、残念)

 

「読モの人たちがやってるユニットでしょ」「アイドルの企画物でしょ」みたいに思われているところもあるかも知れませんが、割と真摯にバンドやってます

曲自体もそれなりに良いものがいくつか(いくつも?)あります

ただ...ね 曲(主に表題曲)についてちょっと文句もあるんですよ

まぁ長くなるしアイドル関係ないから言わないんだけどね

バンドの矜持とは 大衆迎合とは こなああああああゆきいいいいいいとは 的な話です

 

はい、ここからは山内あいなについてだけ書きます

あいにゃんの担当はベース

私はベースで一番大切なのは

 

 

大きさ

 

 

だと思うんですよ

音楽好きに言わせれば舐めんなって感じでしょうけど、ベースは大きいからかっこいいんです

楽器屋に行くと小さめサイズのベースとか売ってますけどアホかと

なにが「女の子でも安心!」だよ ふざけんな

 

で、本題の山内あいなのベースですが、かなり大きく見えます

いや実際には普通のロングスケールのベースなんでしょうけど大きく見えるんです

常にではありませんが、ベースのヘッドが頭のてっぺんより上に来るくらいです

 

単にストラップを短くしているからというわけではありません

ヘッドを立てて抱きかかえるように持っているからです

50°~70°くらいはいつ見ても角度がついています

だから身長のさほど大きくないあいにゃんが持つと凄く大きくかっこよく見えます

 

流石あみぽんの姉です

魅せるということについて熟知しています(狙っているのかは知りませんけど)

山内家にはアイドルの血が流れているんでしょう

 

また、今日は「きよしのズンドコ節」を罰ゲームであいにゃんがカバーするという大当たりの回でした

お世辞にも上手いとは言えませんでしたがきゃわわわわで、個人的にこの日一番盛り上がりました

私はやっぱりアイドルが好きみたいです

結局今日はほとんどあいにゃんしか見てません

 

 

以上、おわりー

ズンドコ節以外に今日の内容が何もないゴミレポ

ばいばいばーい

 

 

 

 

f:id:idolkowai:20171009225241j:plain

誰が短小じゃ誰が

乃木坂46出演 映画「あさひなぐ」感想 明日から本気出す

乃木坂46出演 映画あさひなぐを見てきました

f:id:idolkowai:20171006012055j:plain

 

といっても公開翌日の舞台挨拶回に行ったのでかなり今更の感想ですけど

感想自体書くつもりなかったものの、今日の長崎のばっしょーに急遽仕事でいけなくなり激おこ徒然丸なのでなんとなく書きます

ちなみに原作は未読です

 

とりあえずいきなりですが採点します

 

どぅるるるるるるるるるるる どぅん!

 

 

 

55点

 

 

 

そんなに悪くなかった

でもそんなに良くもなかった

積極的に人に薦めることはないかなといったところ

 

まず乃木坂46メンバーの演技については良い意味でも悪い意味でもそんなに特筆するところはありません

ひっどい演技のアイドル映画なんて腐るほどありますので、それらと比べると十分に合格点です

「初森ベマーズ」の頃と比べても成長しています

ただ、色眼鏡を外し、女優として見ると特段秀でているわけではありませんでした

まぁ、あえていうなら伊藤万理華くらいでしょうか

主要キャストで一番キャラが薄い役割なのに、しっかりと存在感を出しつつ物語に溶け込んでいたと思います

 

なぎなたについては詳しくありませんが、試合は違和感なく見れました

ある程度ちゃんと練習してるのは伝わりましたのでそこは好感

スポーツものでここが駄目だとそれ以外がどんなに良くても興醒めですからね

 

脚本も展開がスポ根のテンプレ臭が凄いですけど、限られた時間でうまいこと形にしてるなーといった感じです

 

と、ここまで書いた内容だと70点くらいありそうな感想ですけど、そもそも致命的な問題があります

 

 

作品自体が映画に向いてない

 

 

これ言っちゃ終わりなんですけど、たぶん映画の尺に抑えるのがそもそも無謀な作品なんだと思います(原作知らないけど)

恐らく原作は主人公(と周りの人たち)の成長物語であり、登場人物それぞれが様々な背景を持ち、そこに対しての葛藤がある

技術的なところよりも精神的な成長を軸にした物語なんだと思います(原作知らないけど)

 

複数人の精神的な成長を描き切るなんて通常の映画の尺じゃどだい無理な話で、せめてドラマでやるべきです

桜井玲香演じる八十村将子なんて絶対複雑な過去があるはずなのに、ふつーに入部してふつーになぎなたやってるから何も感情移入できません

三井寿安西先生に頭を垂れずにバスケやってるような感じです

 

まぁ八十村くらいは尺の関係で目をつぶったとしても、どんなに尺がきつくても背景描写を絶対に削ってはいけないキャストが一人います

 

生田絵梨花演じる一堂寧々です

 

この映画の最後のカタルシスは成長した主人公が一堂を倒すという分かりやすいものなんですけど、一堂という人物についてほとんど描かれていないので何の感情も湧いてきません

 

一堂の今に至る過去が少しでも見えていれば、一堂が負けたことに対して心を揺さぶられるでしょうし、試合後に座り込み落ち込む姿に感動します

そこで先輩が良い感じに声をかけたりなんかすると泣いてしまうかも知れません

「ねねたん がんばえ!」と絶叫するかも知れません

正直、3年生が最後の試合で負けて後輩がいないところで号泣するという序盤のベタなシーンの方がよっぽどくるものがありました

 

あと細かい部分かも知れませんが、主人公の恋している相手が三枚目俳優というのがちょっと不快です

「お前たちアイドルオタクは恋愛相手をイケメンにすると嫉妬するんだろ?」みたいなメッセージをどうしても感じてしまいます

アイドル映画としてではなく一つの映画として評価したいのに、結局制作側としてはアイドル映画という位置づけなのかなぁと思わされます

まぁ別にいいですけど 別に

 

 

以上、おわりー

他にもいろいろ良い部分でも悪い部分でもいうことありますけど、このくらいでやめておきます

総括「ドラマにしておけばよかったものを...」

ばいばいばーい

 

 

 

 

f:id:idolkowai:20171006012126j:plain

いつかできるからいつかやるの精神で生きています

【ライブレポ】ばってん少女隊 田舎娘2ndツアー 佐賀 ミニにタコができる 2017年10月7日

佐賀・GEILSで開催されたばってん少女隊の、田舎娘2nd~カユい所まで手を届け鯛ツアー」を見てきました

f:id:idolkowai:20171007230505j:plain

 

今回のツアー3ヶ所目の参加

田代まさしオラキオ江頭2:50といった早々たる人物を輩出している佐賀県でのライブです

 

開場ちょっと前に到着

SAGAのくせに割と大きく、綺麗で立派なライブハウスです

というか福岡のライブハウスが雑然とし過ぎ

あの場末感嫌いじゃないけど

 

今日は3日連続ライブの中日ということで、メンバーとしても恐らく一番モチベーションを維持するのが難しい日だったかと思います

やはりミスはかなり目立っていました

これをしょうがないで済ませて良いのかどうかは...うーんなんとも

客自体は熊本・福岡よりなんか熱量があった気がします

 

セトリはほぼ固定

今日は猛烈に「決められないよ、どっちかなんて」が聴きたい気分だったけどやらなかったので残念

今回スタダカバーはカントーリーガール」一曲に固定なのかな

カントーリーガール」も無茶苦茶好きだからあれだけど、カバーの一曲は会場ごとに変えてくれたら嬉しかばい

 

「セーターを脱がさないで」は割と久しぶりに聴いた気がします

この曲は振付含め、もともとフェティシズムの塊みたいな楽曲なんですけど、さらにフェチ加減に磨きがかかってきたような...

「真顔ほどエロい表情はない」ってゴッホも言ってたとか言ってないとか

 

2年前の9月に上田理子がここ佐賀でリーダーに任命されたということで、「すぺしゃるでい」では上田に向けて歌詞を一部改変していたりと、少し工夫がありました

願わくば上田の口からリーダーとしてのここ2年間についてもう少し聞きたかったけど

 

上田といえば「同じクラスになりたいアイドルランキング」や「スクールカースト上位っぽいけど嫌な感じがしないアイドルランキング」で常に上位を争っていることでお馴染み

メンバーをまとめたり、注意したりできるのかは分かりませんけど、リーダーとして一番大切な資質は持ち合わせていると思います

今のばっしょーを形作っているのは上田の人柄によるところが大きいでしょう

ありがとう上田 あんまり調子に乗るなよ

 

以上、おわりー

明日はながさきーな

ばいばいばーい

 

 

 

 

f:id:idolkowai:20171007230958j:plain

瀬田さくらはエガちゃんが好きらしいです

【ライブレポ】ばってん少女隊 田舎娘2ndツアー 福岡 フォーエバーもう中 2017年10月6日

福岡・DRUM LOGOS で開催されたばってん少女隊の、田舎娘2nd~カユい所まで手を届け鯛ツアー」を見てきました

f:id:idolkowai:20171006224121j:plain

 

今回のツアー2回目の参加です

セトリはほとんど一緒

並びを入れ替え、数曲だけ変えるといった感じです

 

今日はなんと言っても星野蒼良でしょう

登場した時からルックスが調子良いなぁと思いましたが、全体的に冴えわたっていたような気がします(当社比)

今回のツアーはアンコール後にメンバーが一人出てきてグッズ紹介をするという下りがあるんですが、そららのMCが抜群に面白かったです

スターフラッシュというホークスのグッズを身に着けてドームに行くとなんとガラガラが回せるらしい

ちなみにそららは2回回してどっちも外れのシール(バンデンハークと内川だっけ?)だったとのこと

タメになったねぇ~ タメになったよぉ~

そららももう中学生です

f:id:idolkowai:20171006223036j:plain

 

新曲Going My Wayはまだ評価保留で

熊本で聴いたときよりはマシに感じました

多幸感に包まれる系のアレです

とりあえず歌詞が嫌いな部類のヤツなので、やっぱり好きになることはないかも

カップリング曲としてはまぁ丁度いいんじゃない

 

そして4thシングル「MEGRRY GO ROUND」の発売も発表されました

次のシングルは1月中旬~下旬くらいと予想していたんですけど、まさかの12月上旬

いくらなんでも早過ぎでしょ

早さでいったら私といい勝負です

最近は心を整えてがんばるようにしてますけど

 

制作は「コトバテニス」を提供したフレデリック

別に「コトバテニス」嫌いじゃないけど、好きな方だけどもあんまり期待できません

中途半端にサブカルに寄った電波ソングっぽいJ-POP的な曲になる予感GPSです

アルバム曲やカップリング曲でやるんならいいですけど、シングルで大丈夫なんでしょうか...

まぁ私がこういうんだから間違いありません 傑作になるはずです

 

以上、 おわりー

リリースツアーで今年の予定はほとんど埋まりました

はぁー 人生楽しい

ばいばいばーい

 

 

 

 

f:id:idolkowai:20171006223055j:plain

ヤクルトさん!球団新記録のシーズン96敗おめでとうございます!